人気ブログランキング |

ユニフォーム屋が見聞きした世の中の出来事やユニフォーム屋が語るよもやま話やユニフォーム屋だからやっぱりユニフォームに関する話題を気ままに語っています。
by my-uni
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
株式会社マツヤマ 関連サイト

㈱マツヤマ オフィシャルサイトへ


SENTSUKI
ショッピングサイトへ


㈱マツヤマ●ユニフォーム
名古屋市中区栄5-5-3
<お問い合せ>
フォロー中のブログ
シェフ(chef)はフランス語だったかな?
 最近、ドラマや料理番組、またバラエティー番組などにも頻繁に登場するようになったシェフの皆さん、その『シェフ(chef)』という言葉はフランス語と思っていましたが、どうもそれだけではないようです。

 『シェフ(chef)』はフランス語で料理長のことをいいますが、英語の『チーフ(chief)』に相当する言葉だそうです。
 でも、英和辞典を引いてみると「chief=料理長」と載っていて英語になっているので不思議に思い調べてみました。

 語源は、ラテン語の「caput」頭が変形して「capum」となり10世紀にフランス語の「chef」が誕生したんだそうです。
 その後、1842年から英語で「chef」が料理長の意味に使われるようになり浸透していったそうです。

 日本でも、最近では『シェフ(chef)』という言葉が日常的に使われるようになったということは『シェフ(chef)』はフランス語であり、英語であり、また日本語でもあると言ってもいいのでしょうね?

「Chefの皆さんこれからも私たちに美味しい料理を提供してください。」
by my-uni | 2005-10-26 20:43 | チョッと豆知識
<< 金沢の秋を楽しむ・・・? タキシードにはなぜ「拝絹」がつ... >>