ユニフォーム屋が見聞きした世の中の出来事やユニフォーム屋が語るよもやま話やユニフォーム屋だからやっぱりユニフォームに関する話題を気ままに語っています。
by my-uni
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
株式会社マツヤマ 関連サイト

㈱マツヤマ オフィシャルサイトへ


SENTSUKI
ショッピングサイトへ


㈱マツヤマ●ユニフォーム
名古屋市中区栄5-5-3
<お問い合せ>
フォロー中のブログ
食育は先ずは形から?
食事をする前に「いただきます」と言いますが、それは誰に対して言っているかを子供たちに聞くと、「ごはんを作ってくれたお母さん」とか、学校給食なら「給食の調理人さん」という答えが返ってくるそうです。
食べるものを作ってくれる料理をしてくれている人が一番近くに感じるのも仕方ないことかもしれませんが、本当はお米や野菜や牛や豚や魚を育ててくれた人がいて、そうした野菜や動物の命をいただいているという実感が希薄になっているとも言われています。
そんな反省から2005年に食育基本法が制定されてから食育に対する取り組みが強化されるようになったようです。

その食育基本法の前文にはこのような記述があります。
『子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも「食」が重要である。今、改めて、食育を、生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきものと位置付けるとともに、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てる食育を推進することが求められている。』
食育で学ぶことは、食の安全性や食の文化や料理の理解や地産地消や食の旬などがあり、更には自然保護や環境のことにも関わってくるとも言われています。

また、子供たちが豊な人間性をはぐくむという観点で言うと
『自分が好きなこと、自信があること、自己肯定感を持っていることが幸せに生きていける条件だ』とも言われています。
そのためには何事にも体験することが必要で、そしてとにかくよく褒めることが大切であると言われています。

そうしたことから親子揃って料理を作る体験をすることは、食育においても、豊な人間性をはぐくみ生きる力を身に付けていくためにも重要なことで、その際にも「上手にできたね」「美味しかったよ」「また作ってね」というように褒めてあげると幸せな生き方ができるようになるとのことです。

また料理を作る際も、素材から手をかけて作り、親子一緒になって作業する体験をすることも大切なことですが、更に加えて言えば形から入っていくのも効果があるのではないかと思います。

料理を作るときに親子一緒のお揃いのスタイルで調理をすると、本人もその気になってシェフのような立居振る舞いとなり、それを見ている回りの人もそれっぽく見えてきて料理が美味しく感じるかもしれませんね?

食育にも役立つ親子揃ってのこんなスタイルで幸せな生き方をしてみてはいかがでしょうか?
e0053563_963043.jpg

「幸せな心」「楽しい心」など皆さんが日頃から『大切にしている心』をテーマとしたショップのご案内はこちら↓↓↓↓↓↓
http://www.my-uni.jp/info/renewal_open/index.html
[PR]
by my-uni | 2013-04-13 09:10 | ひとり言
<< 行動の目的って何? 言葉は酸素に似ている? >>