ユニフォーム屋が見聞きした世の中の出来事やユニフォーム屋が語るよもやま話やユニフォーム屋だからやっぱりユニフォームに関する話題を気ままに語っています。
by my-uni
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
株式会社マツヤマ 関連サイト

㈱マツヤマ オフィシャルサイトへ


SENTSUKI
ショッピングサイトへ


㈱マツヤマ●ユニフォーム
名古屋市中区栄5-5-3
<お問い合せ>
フォロー中のブログ
つながり易いユニフォームって!?
同じ学校の出身とか同郷とか
◯◯のファンとか趣味が同じとか言うように、何かの共通点を見つけるとその人に親近感を感じるもので、時としてそのつながりの輪が広がってコミュニティを形成することもあります。

Facebook やLINEを介したつながりでもそのつながりの輪が広がってコミュニティができていくことがありますが、誰かとつながるということは自分の居場所があること、あるいは誰かに承認されたという安心感を抱くのだと言われています。

コミュニティと似た言葉にアソシエーションがありますが、その語源はサッカーにあると言われています。

それは、1863年にイギリスで世界初のフットボール協会(Football Association)が設立されたことを起源にするのだそうです。
e0053563_910381.jpg

社会学ではアソシエーションは人々が特定の目的のために創設する集団であるとしています。

コミュニティとアソシエーションは似ていますが、社会学的にはコミュニティは村とか地域とか国とか言った広い範囲の共同生活を指すのに対して、アソシエーションは共同の関心を追求するための組織体で、コミュニティは統合的でアソシエーションは部分的な組織になるのだそうです。

また、「トーテム」という言葉があります。
元々はネイティヴ・アメリカンの言葉で「わたしの一族の者である」に由来するそうで、特定の集団と特別な関係にあるとされる動物や植物がトーテムで、そのトーテムを刻んだ標柱がトーテム・ポールだそうです。

サッカー日本代表も三本足のカラスをエンブレムにしていますし、イングランドはライオン、フランスはニワトリ、ドイツはワシをエンブレムにしています。

エンブレムを付けることで仲間とのつながりを感じチームの結束を高める効果があります。
e0053563_9113435.jpg

共通の目的を表すエンブレムを付けたお揃いのウエアに身を包むと心が一つにつながって、チームの共通の目的を達成する行動に向かっていくのではないでしょうか?

携帯電話会社では基地局を増やすて電波のつながりやすさをアピールし合っていますが、「ユニフォームで心がつながる」という「心のつながり易さ」を競う時代がひょっとして来るのでしょうか・・・?
e0053563_912325.jpg

[PR]
by my-uni | 2014-11-08 09:13 | ユニフォームのこと
<< 合言葉ならぬ合服(愛福)の話し 季節を感じる『色』の話し >>