ユニフォーム屋が見聞きした世の中の出来事やユニフォーム屋が語るよもやま話やユニフォーム屋だからやっぱりユニフォームに関する話題を気ままに語っています。
by my-uni
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
株式会社マツヤマ 関連サイト

㈱マツヤマ オフィシャルサイトへ


SENTSUKI
ショッピングサイトへ


㈱マツヤマ●ユニフォーム
名古屋市中区栄5-5-3
<お問い合せ>
フォロー中のブログ
カテゴリ:チョットいい話( 3 )
思い出の一着
少し前にTwitterで話題になっていた思わず共感してしまうこんな話があります。

娘さんからの投稿で、父親が何年も同じシャツを着続けているので気になっていて、穴が空いても自分で縫って直して着続けていたそうです。
そこには父なりのこだわりと思いが秘められていたそうで、実はそのシャツはお父さんが新婚旅行で着ていた、お母さんと色違いのシャツだったそうです。
お母さんは18年前にお亡くなりになり、その後もお父さんは再婚せず、時に補修をしながら年に数回は必ずこのシャツを着ているのだそうです。
このツイートには30万件を超える「いいね」があり、一部の海外メディアでも取り上げられ話題になり、「心にしみる」「奥さんを愛していたのですね」「涙が出そう」と感動のコメントが寄せられ、国内外から「妻思いの素敵なご主人」と称賛されたそうです。
e0053563_18482556.jpg
思い出の一着というものは誰にでもあるのではないかと思います。
私にも思い出の一着があります。
それは父の日に父親にプレゼントしたポロシャツで、ゴルフ好きの父に着てもらおうとプレゼントしたものですが、プレゼントした当時、父は体調を崩していて好きなゴルフができない状態でしたが嬉しそうに受け取ってもらったことを覚えています。
それから数年後に父は亡くなってしまいそのポロシャツを着る機会はありませんでしたが、遺品整理していた時にプレゼントしたポロシャツがキレイにしまってあるのを見つけて心がジーンときたのを覚えています。

Twitterで話題になっていた話ではお揃いのシャツを着ていたということですので、その想いはさらに深くシャツというものを通じて心と心がつながっている証ではないかと思います。

お揃いの装いをするのは夫婦や恋人同士のペアルックだけではなく、お仕事やチームで着用するユニフォームもお揃いの装いになります。
お仕事や競技や何かの集まりで苦楽を共にし、同じ目標に向かって活動した時間を共有すると、その時の光景と共に共通して身に付けたり所有していたモノに思い出がシンクロして思い出の品になっていくのではないかと思います。

思い出は同じ時間を共有した楽しかった時もそうですが、一生懸命に頑張った時、大変な苦労をした時のことを思い出して当時を懐かしく思うこともあるかと思います。

お仕事や仲間のことを考えて、想いを形にしたユニフォームに袖を通すと、心を一つにお仕事できると思いますよ(*'▽'*)
[PR]
by my-uni | 2017-10-19 18:49 | チョットいい話
仕事への想いを形にすると・・・
人生の中で働いている時間は、遊んでいる時間よりも勉強をしている時間よりも食事をしている時間よりも多くの時間を費やしていると思います。
その人生の大半を過ごす働いている時間が楽しければ人生はハッピーですが、嫌なことばかりであれば苦痛な人生を過ごすことになります。
もちろん人生良いことばかりとはいきませんが、いろいろなドラマがある人生をどうとらえるかで、その人の幸福度も変わってくるかもしれませんね?

そんな働く人へのメッセージとして心に残った一冊の本がありますので紹介します。
それは、いろは出版さんから出されている『働く人の夢』です。
e0053563_9373760.jpg

この本の中にこんなメッセージがあります。

「人生は何のためにあるんだろう?」

答えはもちろん
十人十色、百人百色だと思うんだけど
僕の中での答えを3つ言うと

人生は楽しむためにある
人生は幸せ(いきがい)を感じるためにある
人生は自分が成長するためにある

です。じゃ、次に

「何のために働くんだろう?」

これも僕の中での答えを3つ言うと

働くことは楽しむためにある
働くことは幸せ(いきがい)を感じるためにある
働くことは自分が成長するためにある
つまり、僕が伝えたいことは
人生の意味、働く意味は、
本当に千人千色だと思うんだけど
「人生と働くこと」に望むことは同じってこと

人が生きると書いて「人生」
人が動くと書いて「働く」
働くことは生きることなんだ
生きることは働くことなんだ


思わず「う~ん」とうなりたくなる深い話ですね?

そして著書の中では33人の方の働くことになったきっかけや仕事の夢が語られていますが、その中でも特に心に残った言葉があります。
それは、看護師さんの「天職ってやつかな」というタイトルで書かれたこんな言葉です。

間違っても綺麗な仕事とはいえないし、とても怖い仕事だともいえる。一つのミスが患者様の命に関わる事だってありうる。人の死だって身近に経験する。人が亡くなるのは何度経験しても悲しい。やるせなさを感じる時も多々ある。でも、辞めたいなんて思わない。入院されている患者様の苦しさや不安が少しでも減るようなケアができたらいいな。患者様を私たちに任せてくれるご家族が少しでも安心できて、嬉しい気分になってくれたらいいな。ただそれだけ。喜ぶ顔が見れたら、「ありがとう」なんて言われたら、やっぱり嬉しい。・・・・・

いろいろと辛いことはあるけれども、でも辞めたいなんて思わない・・・だって『天職だから』。
こんな言葉が聞こえてきそうなメッセージで、思わず涙腺が緩んでしまいそうな心に響く言葉だと思いませんか?

そんな看護師さんが、日々お仕事をする上で何を大切にしてどんな気持ちで患者さんに接しているのだろうと勝手に想像を膨らませていくとこんな言葉が浮かんできました。

『気配りのある思いやりの心で寄り添うように接するホスピタリティスタイル』

そんなお仕事のスタイルに合う、患者さんへの「思いやりの心」を形にした天使のようなこんなユニフォームはいかがでしょうか?
e0053563_9392474.jpg

[PR]
by my-uni | 2012-07-14 09:46 | チョットいい話
人のご縁で生まれたハウステンボス!
 先日、講演は絶対にしないといわれている人で、ハウステンボスを創業した神近義邦氏の講演を聞く機会がありました。

 講演の題目は『私の出会った人達』で1時間ほどの講演時間でしたが、その言葉の深さに瞬きをしている間に話が終わってしまったという感じでした。

 神近氏は講演の中で「人生の中で色々な人達に出会い、色々な事を学んだ。」という切り口で語り始めました。

「人とどうやって信頼関係を結ぶのか?」
「それは、その人のどういったところと付き合うかだ。」
「自分の長所を見てくれる人は心地良いが、自分の短所を見る人とはどうしても信頼関係は結べない。」
と話されていました。

 また、「人生の節目節目で、色々の人から色々な言葉を貰い、色々な気付きを得た。」といわれていましたが、その中で印象に残っている言葉は、

『最初からプロはいない』といわれ、まったく未経験の料亭の専務を引き受けるようになったこと。

 そして『桜の花の前では桜の花を見なさい』といわれ、「今まで両枝を添え木で支えられていて弱弱しく見えていた桜も、見方を変えると春をおおかするように両手を一杯に広げ咲き誇っているように見えたことで、その人の良い所を見る目を養い、その人の能力を必死で見ようとしてきた。
そう語っていました。

 そうした活動を通して信頼関係が生まれ、人脈を培ってこられたわけですが、それにしても『決して後ろを見ずに前向きに進む』という信念の基に、様々な苦難を乗り越えてこられ、ハウステンボスを作る際には、個人補償だけで銀行から2400億円もの借金をし、企業からは600億円の投資を募ったという話は圧巻でした。

 最後に、「ハウステンボスを作るきっかけとなったのは、オランダに出張をした際に見た街の光景で、長い歴史の中でエコロジカルな町が作られると思っていたが、オランダという国は50年というスパンの中で人工的に作られていたことを知り、自分でも作ってみたくなった。」
と語っていましたが、「ハウステンボスへ行かれた際にはそうしたエコロジカルな町づくりを是非見てください。」とハウステンボスを退職した今でもハウステンボスのこだわりの部分を語っていたことが印象に残っていました。

 講演の翌日はあいにくの雨模様でしたか、ハウステンボスへ行き、リデュース・リユース・リサイクルの3Rを実践し、電線が一つもない、水のきれいなエコロジカルな町並みを見てきました。
e0053563_185966.jpg

[PR]
by my-uni | 2006-07-24 19:04 | チョットいい話