ユニフォーム屋が見聞きした世の中の出来事やユニフォーム屋が語るよもやま話やユニフォーム屋だからやっぱりユニフォームに関する話題を気ままに語っています。
by my-uni
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
株式会社マツヤマ 関連サイト

㈱マツヤマ オフィシャルサイトへ


SENTSUKI
ショッピングサイトへ


㈱マツヤマ●ユニフォーム
名古屋市中区栄5-5-3
<お問い合せ>
フォロー中のブログ
<   2006年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
トリノオリンピックを観て思うこと
 今日は一日中トリノオリンピックのフィギュアスケート女子シングルの話題で持ちきりでした。

 ショートプログラムが終わり日本勢は荒川静香選手がわずかの差で3位につけて村主章枝選手も4位、そして安藤美姫選手も8位になり3選手とも頑張っています。

 ここまでの日本の成績は残念ながらメダルを獲得することができませんでしたので、是非フィギュアスケート女子の3選手には24日のフリーの演技も頑張ってもらいたいと思います。

 ここまで、トリノオリンピックを観てきてそれぞれの種目で選手の皆さんは自分の持てる力を存分に発揮して頑張っています。
 結果としてメダルには手が届かなかったものの、競技を終えて満足げな表情を浮かべている選手の姿を見ているとすがすがしさを感じ、なんだか見ているほうも幸せな気分になってきます。
 でも、中には悔しさを全身で表現している選手もいますが、たまたま競技当日のその一瞬に結果がでなかったものの、これまでの地道に練習をしてきた努力を悔やんでいる選手はいないのでないかと思います。

 今日の安藤美姫選手もインタビューに答えていた中で、「ジャンプが失敗して悔しいけれど、楽しく滑ることができた」といっていましたが、「もっと練習をしておけばよかった」といった後悔はなく、「今までの練習で培ってきた技術を発揮して気持ちよく演技ができた」といった意味を含んでいるのではないかと思いました。

 安藤選手に限らず、多くの選手が「楽しく競技や演技をしたい」とインタビューに答えている光景を目にしますが、この「楽しく」という言葉だけを捉えると「なにか遊び半分で」という意味にも捉えられがちですが、それぞれの種目のプロフェッショナルとしての自信や誇りが垣間見える言葉ではないかと思います。

 トリノオリンピックも後半戦に入って残すところ4日余りとなりましたが、選手の皆さんには今までに苦労して練習を重ねてきた成果をこのオリンピックでいかんなく発揮してもらいたいものです。
 そして、楽して手にした結果ではなく、苦労を重ねてきた中で得られるものがあるからこそ本当の意味での充足感が得られ、競技を終えて満足げな表情が自然と出てくるのでしょうね。

 そんな頑張っている選手の姿を見ていると結果がどうあれそれだけで感動するものですね。

~~~ヾ(〃^。^)o ファイトォー!!
[PR]
by my-uni | 2006-02-22 18:42 | ひとり言
今日の名古屋は暑かった
 今日の名古屋の気温は所により20℃を超えていたようで、外を歩いていても汗ばむどころか完全に汗が滴り落ちてくるほどの陽気でした。
(ただ、町行く人はコートを着ている人もいて、汗を拭きながら歩いているのは私ぐらいでした。(;^。^A )

 もうこのまま春になってしまうのかと思わせるような陽気ですが、ついこの間まで「寒い寒い」といって防寒着を買われるお客様がみえたのがうそのようです。

 今月になって今年のスプリング&サマーのユニフォームの新作も出揃い、いよいよ夏に向けてのユニフォーム需要がスタートするところですが、早い時期から陽気が暖かくなることは我々ユニフォーム屋にとって追い風になってくれるのではと少しばかり期待をしています。

 昨年の夏のシーズンは巷では『クールビズ』が注目を集めましたが、ユニフォームメーカーさんは『クールビズ』をあまり真剣には捉えていなかったようで、どうも中途半端な取り組みで終わったように感じました。

 その反省を踏まえ今年こそは大々的にアピールするのかと期待していましたが、新商品の展示会を見る限りではそのような傾向にはなく少し残念に思いました。

「本来、『クールビズ』とは地球環境のことを考えた企業がビジネスで着用するシーンを想定したファッションを言っているにもかかわらず、企業のユニフォームを扱うユニフォーム業界が何故もっとアピールしないんだ!」

と小心者の私はメーカーさんに声を大にして意見することはできませんでしたが、販売店にできることもあると思うので、昨年の反省を踏まえ地道に『クールビズ』をアピールしていきたいと思っています。
[PR]
by my-uni | 2006-02-15 18:55 | ひとり言
有頂天ユニフォーム
 毎年2月はユニフォームの新作発表会が全国各地で開催される時期です。

 先週、東京でいくつかのユニフォームメーカーさんが展示会を開催していましたので行ってきました。

 今年の新作の傾向は白や黒のモノトーン調のシックなイメージものや、ラインをきれい見せる工夫を凝らしたパターンのも、またキラキラ系の素材を使って女性らしさをアッピールするものなど、トレンドを押さえながら薀蓄のしっかり詰まった本物志向のユニフォームが多く出てきている印象がありました。

 今までのユニフォームの概念でいうと、幅広い年代の方が着用するものなのであまりトレンドを追っかけると着用する人を限定してしまうという考え方があり、万人受けするオーソドックスなスタイルになりがちでした。

 しかし、ここ最近ではユニフォームにメッセージ性を込めてかなり絞り込まれた着用シーンをイメージしながら商品コンセプトを考えた個性的なユニフォームが出てくるようになり、華やかさが一段と増してきているように感じています。
 それで調子に乗って『有頂天ユニフォーム』というタイトルを付けたわけではなく、実は今話題になっています三谷幸喜さん監督の映画『有頂天ホテル』に全面的にユニフォームを提供したサービスユニフォームのメーカーさんの話を聞きましたのでそんなタイトルにした次第です。

ユニフォームメーカーさんは映画を始めテレビドラマやCM撮影とさまざまな場面に登場するユニフォームを協賛したり提供したりしていますが、遠慮深いのかおくてなのか積極的にそのことを宣伝しない傾向にあります。

 このメーカーさんもそうなのですが、展示会場にさり気なく『有頂天ホテル』のポスターが飾られているのを見て「これひょっとして衣装提供しているの?」と尋ねたところメーカーさんの人がニコッと笑って「ホテルのユニフォームといえばやっぱりうちの商品でしょう!」とそれこそ有頂天の状態で話をしていたのが印象に残っています。

 これぞ正に『有頂天ユニフォーム』ということでしょうか????????
[PR]
by my-uni | 2006-02-09 17:39 | ユニフォームのこと
創業当時を振り返って
 マツヤマの創業は初代「松山千三」が昭和2年東区板屋町で紳士服の仕立て直しを営むようになったのが始まりです。
(その後、昭和25年になり池田町(現在の栄5丁目)に移り白衣の製造販売を始めています。)

 創業当時は、物資が無い時代で、紳士服も貴重なものでしたので一から洋服を作るよりも持っている洋服を裏返して仕立て直しする人が多かったようで、今で言う洋服のリフォーム屋さんのような仕事をしていました。

 その昭和2年の創業当時、私は生まれていなかったのでよくわからないのですが、歴史を見てみると「金融恐慌」があり、慢性的な不況の時代でした。
 単純に今と比べるわけには行かないかもしれませんが、時代が大きく変わろうとしているこの平成不況と状況が似ているようにも思います。

 ちなみに、昭和2年当時にユニフォーム関連のニュースを調べてみましたらこんなことがありました。

 6月に海軍陸戦隊の制服が白からカーキに変更になりました。
理由は白では敵の目標になりやすいことと、汚れやすく洗濯に困るからだったそうです。

 10月には、老舗デパート松坂屋さんでは食堂女店員の制服が洋装に変わったそうで、その当時の女性は和服が一般的だった時代でした。 
松坂屋さんのホームページによると、制服の導入は早くから行われ1918年(大正7年)には制服を採用していたそうです。
 その制服は洋装ではなく、縞の木綿にモスリンの帯という和服スタイルで、規定縞と呼ばれていたそうです。
 1929年(昭和4年)にはエレベーターガールが登場し、当時の写真にはお揃いの洋装のユニフォーム姿が載っていましたが、当時の最新のファッションを垣間見る興味深い一コマです。
 

 マツヤマの歴史は松坂屋さんのような歴史はなく、華やかさもありませんが、昭和2年の2月に創業し、戦後の昭和25年には松山白衣として白衣の製造を始め、昭和28年には合資会社松山白衣を設立し、昭和47年に現在の組織である株式会社マツヤマになり堅実に商売を続けてきました。

 昭和2年の2月の創業から数えて本年で79年、数えで言うところの80歳の傘寿を迎える年となり、一つ一つの年輪を積み重ねてこられましたのもご愛顧いただいておりますお客様や仕入先様のご支援の賜物と改めまして感謝するしだいであります。

 昭和2年の創業当時を振り返りまして、歴史の重みを感じながら、時代が大きく変わろうとしている平成の時代に新たなる気持ちでまた一つ一つ年輪を重ねて地元にしっかりとした根下ろした会社になっていきたいと思っております。
[PR]
by my-uni | 2006-02-07 18:30 | ユニフォームのこと