ユニフォーム屋が見聞きした世の中の出来事やユニフォーム屋が語るよもやま話やユニフォーム屋だからやっぱりユニフォームに関する話題を気ままに語っています。
by my-uni
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
株式会社マツヤマ 関連サイト

㈱マツヤマ オフィシャルサイトへ


SENTSUKI
ショッピングサイトへ


㈱マツヤマ●ユニフォーム
名古屋市中区栄5-5-3
<お問い合せ>
フォロー中のブログ
<   2006年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
来年の夏も??
 いよいよ夏本番を迎える季節となりました。

 この夏を前に「どんなファッションをしようか楽しみだ!」と思っている人も多いかと思います。

 でも、アパレルの世界では、すでにその視点は来年の2007年春夏向けの企画へ進んでいます。

 その2007年春夏に向けて注目したいのが、『2007年もレース素材!!』ということです。

 ここ数年、レース使いの商品アイテムが急速に広がりました。

 以前は下着のイメージが強かったレースも、インナーからアウターにその活躍の場を広げ、上着やスカートはもちろんのことバックや雑貨と留まるところを知らない勢いでフリフリ・カワイイ世界が広がっています。
 まだまだ、ビクトリアン調の『エレガントさ』を追求していく動きは続くというこということです。

 今、大ブレーク中の『レース』ですが、その歴史は古く、原始時代の古代人が鳥や魚を獲るためにつるや木の皮で網を作ったのが始まりであるとする説もありますが、現在のようなレースになったのは、13世紀ごろ、教会の尼僧の手仕事として行われたのが基であるといわれています。
 その後、14世紀から15世紀にはイタリアを中心に盛んに行われるようになり、「ボビン・レース」【台の上で糸巻き(ボビン)に巻いた糸を組み合わせて編んだ手芸レース】が誕生しました。
 レースは古くから生活の色々な場面で活用されてきましたが、19世紀頃から下着のイメージが強くなっていったといいます。

 特に最近ではレース使いのキャミソールがビクトリアン調の『エレガントさ』を演出して人気のアイテムになっていますが、数年前からの『見せる下着』のブームと相まって広く世の中に浸透してくるようになったのでしょうか?

 その『見せる下着』について今から10年ほど前に書かれた本で、『イタリアのすっごくおしゃれ』<タカコ・半沢・メロジー(著)>のことを思い出しました。
 半沢さんは、結婚して1986年からイタリアに暮らしているそうなのですが、今から20年前の当時からイタリア人にとっては『下着は見せるもの』というのが常識的な感覚だったといいます。
 イタリアで暮らし始めてしばらくは、胸元から下着のレースが出ているとか、薄地のブラウスに原色のブラをしてスケスケという光景を目のあたりにして「イタリアの女性はおしゃれでセンスがいいと思っていたけれど、下着に気を遣わないのかしら」と思ったそうです。
でも1~2年と暮らしていくうちにそうではないということがわかったといいます。
それは、イタリア人の中には『いい女は下着に凝る』というポリシーがあり、潜在的に『下着は見せるもの』という感覚を持っていることがわかったのだそうです。

 当時、その『見せる下着』の筆頭がボディスーツで、総レースのものや衿元や袖口にレースをあしらったものが代表的なもだったそうです。
 それをブラウスなしでジャケットの下に着こなすのがとてもおしゃれで、ジャケットの胸元から見えるレースが知性漂うセクシーさをアッピールしていたんだそうです。
 イタリアの肌着の胸元には決まって豪華で品のいいレースや刺繍がされていますが、それは「見せるため」が基本にあるからだといいます。


 今でさえ日本でも『見せる下着』のイメージが浸透してきたようですが、イタリアでは20年以上も前からそれが常識となっているということは、古くからのレース文化が根付いているからなのでしょうか?

 また、日本には古くから「奥ゆかしさ」とか「恥じらい」という文化があり、『下着は隠すもの』という心理が働いているのでセクシーさを強くアピールすることがおくてになっていた。それがイタリアよりも20年以上もの時間差ができてしまった原因なのでしょうか?

 しかし、「見せること」に慣れていくということは、「喜んでいいのか」また「悲しむべきなのか」何ともコメントのしずらいところですね。 (;^。^A
[PR]
by my-uni | 2006-05-22 19:21 | ひとり言
ビジネススタイル
 五月に入り気温も急に上がって、街のショーウインドウは夏真盛りといったところですね!
 昨年の夏から始まりました『クールビズ』は昨年に比べて商品ラインナップも豊富のようで、アパレル業界では今年も注目の的になっています。

 ところで、『クールビズ』『ビズ』はビジネスの意味で、夏を涼しく過ごすための新しい『ビジネススタイル』という意味が込められているそうです。
 その『ビジネススタイル』をテーマにした本で、『自分らしく稼ぐ』<小阪裕司(著)>を先日読みました。

 その中で、大変興味深いことが書かれていましたので、内容を少し引用させていただきます。

 それは、『ビジネスで動いているのは、「お金」ではなく「人」である』というフレーズです。

 『「どうしたら商品が売れるのだろう」と考えるのではなく、「商品を買ってくれる人にどう動いてもらうか」を考えることである。』
そう、小阪氏は言っています。

 一見すると、「顧客の心理を操作して商品を売る」というようにも捉えられますが、どうもそうではなさそうです。

 小坂氏によると、『「どれだけ儲かったかよりも、どれだけ自分が満足したか」という『満足主義』がその根底にある。それは、自分ができることをすることで、誰かの役に立つ、そうすると「ありがとう、助かった」とか「ありがとう、楽しかった」という気持ちを持ってもらえる。
 だから、「人」に焦点を当て「お客さんの役に立っているかどうか」「お客さんが喜んでくれているかどうか」に価値を見出すビジネススタイルを追求することである。』

そう言っています。

『ビジネスで動いているのは、「お金」ではなく「人」である』

 ものすごく奥の深い言葉だと思います。私の琴線にビビビッと響きました。

 「お金」が中心のビジネスだと、「売るためには手段は選ばない」とか「利益を上げるために嘘をついてでも売ってやろう」という考え方が出てきてしまいます。

 チョット極端な発想かもしれませんが、「耐震偽装の問題」とか「消費者金融の違法取立ての問題」といった事件をみていると、「お金」が中心の発想がそうさせているとしか思えないことが次から次へと起きています。
 しかし、「人」を中心にしたビジネスだと人の役に立つことを考えるわけだからそうはならないはずです。

 「人の役に立つ」というと「社会貢献」とか「ボランティア活動」といったイメージもありますが、根っこの部分は同じだと思います。
 ただ、「お客様の役に立つ」だけではビジネスになりませんので、そこをどうすればお金を生み出せるようになるかはについてはこう示しています。

『お客様との絆を作り、自分たちの世界を伝え、コミュニティを育んでいくことが原則ではあるが、それをすればお金が後からついてくるかというとそうではない。大切なのはお客様に行動してもらうための仕組み作りだ。』
そういっています。
『「仕組」とは、例えば酒屋さんにお酒を買いにこられたお客様に対して、お店側が売りたいと思う商品の前に足を止めてもらう、そしてお酒を手にとってレジに持っていってもらうというように、お客様に何かを感じてもらい、どうしてもらいたいのかをPOPに書くなどの働きかけをする。そうした一連の流れが「仕組」である。』
といっています。

 それを聞いて思ったのですが、セブンイレブンの鈴木敏文会長が、『「お客様のため」ではなく「お客様の立場」で考えろ』と常に言っておられることと同じことを意味するのではないかということです。

 ビジネスをする上で、お金は当然動いてはいますが、それは「人」が行動を起こした結果としてお金が動くということで、「回転寿司のお店に行って、お寿司を手に取って食べない限りはお金にならない」のと同じことで、「手に取って食べたくなるような美味しいお寿司の見せ方をすればいいんだ」と考えると『仕組み作り』というフレーズも「お客様の立場」という視点につながっていて納得のいく考え方だと思います。

 それにしても、『ビジネスで動いているのは、「お金」ではなく「人」である』という言葉の背景にあるものが見えてくると、つくづく人と人との繋がりの大切さを実感させられます!!
(^-^*)(。。*)ウンウン
[PR]
by my-uni | 2006-05-15 18:23 | ひとり言
お父さんには牛乳を!
 5月7日の中日新聞のくらし欄に『牛乳離れ深刻』と言う見出しで記事が載っていました。

 その記事によると、ここ数年で牛乳消費量が急激に減って、廃棄される事態にまでなっているとのこと。

 その理由として三つ上げていましたが、一つ目は「少子化」の影響で、中学生以下の子どもたちが多く消費するだけに子どもが減っている分だけ牛乳消費も落ちている。
 二つ目には「外食」の影響で、牛乳を飲む場所は圧倒的に家庭が多いので外食の機会が増えている傾向の中、牛乳の消費を鈍らしている。
 そして、三つ目としては「お茶」の影響で、牛乳を飲む量が減った分、健康志向もあって「無糖のお茶飲料」が増えていると言っていました。

 中央酪農会議のコメントによると、「消費者のニーズや価値観が多様化しているのに、『牛乳は準完全栄養食品だ』『飲んでもらって当たり前』と、何もしてこなかった面もある。新しい飲み方や使い方を提案するなど、もっと広報の工夫が必要だと痛感している。」と語っていました。

 この記事を見てふと思い出しました。

 先日、知人に勧められて初めて味わったある飲み物のことを!

 その飲み物を見たとき、白色をしていたので「カルピス」かなと思ったのですが、飲んでみてビックリ!

 口当たりのいいカクテルのようで、ほのかに牛乳のにおいがする。でも決して牛乳くささがなく、かといって水っぽくもなくとてもコクのある味わいで、あまりの口当たりのよさに一気に飲み干してしまいました。

 実は、その飲み物とは『焼酎の牛乳割』です。

 牛乳は、朝にコーヒー牛乳を飲むぐらいで、牛乳をガブガブ飲むという人ではありませんでしたが、この初体験の日は、あまりの美味しさに牛乳を1リットルは飲んだのではないかと思います。

 そこで、是非、世のお父さんたちに言いたい!

『焼酎の牛乳割』を飲んで、牛乳の消費量を増やしましょう!

 お父さんが、居酒屋さんで『焼酎の牛乳割』を飲めば、牛乳消費量が減った理由として上がっていた「少子化」「外食」の問題も解決しますし、「健康志向」のお父さんたちにも、牛乳でカルシウムを効率的に摂取することで、「骨粗しょう症」の予防にもなりますし、仕事の疲れやストレスから来るイライラを解消することにも役立つのではないでしょうか。

 一石三鳥にもなるこの妙案、『中央酪農会議』の皆さんいかがでしょうか?

 ちなみに『中央酪農会議』さんのホームページに載っていましたが、「父の日には牛乳(ちち)を贈ろう!」のキャッチコピーは、私的にはGood!なオヤジギャクのつかみだと思います。

 是非、父の日には牛乳と一緒に焼酎も贈ってあげてくださいね!
[PR]
by my-uni | 2006-05-08 18:14 | ひとり言
最近の若者は・・・・・デカイ!
「もういくつ寝ると、こどもの日~!」と端午の節句を迎える5月5日の「こどもの日」は一大イベントです!

 五月人形を飾り、鯉のぼりを立て、ちまきを食べ、菖蒲湯入るなどして男の子の健やかな成長をお祝いするというのが伝統的な「こどもの日」の行事です。

 しかし、最近の子供ときたら贅沢なもので、こどもの日だからと「最新の携帯電話を買え」だの「新しい洋服が欲しい」だのとおねだりをする。

 しかも、「男の子の健やかな成長をお祝いする風習」にもかかわらず、「こどもの日」だからと女の子が声を大にしておねだりしている光景を目にします。

**********************************************************

 ところで、最近の女の子の洋服はというと、かわいらしいものばかりでなく大人っぽいデザインのものも増えてきているようです。
 有名ブランドもこぞって子供服を作っているそうで「これが子供服~?」と思ってしまうほどセクシーな可愛さ(これを『エロかわいい』という?)をかもしだした服も出てきています。

 海外ブランドの子供服は、大人の服をそのまま小さくしたデザインのものも多く出ていて、170cmのサイズまで揃っているので、日本人の大人の女性たちにとってはちょうどいいサイズのようです。
 しかも、子供服として企画しているので、値段も大人の服に比べると半額ぐらいで『安い』となると「これはもう買うしかない!」ということで、OLのお姉さん方がこぞって小学高学年向けの子供服(通称『小6サイズ』というらしい)を購入しているそうです。


 以前からユニフォームの業界でもTシャツの女性用のサイズがなかったときなどは子供用のTシャツを「チビT」代わりに流用していました。

 最近では、Tシャツやポロシャツに留まらず、カラーブルゾンにも100cmの子供用から5Lサイズの大人用までフルラインナップで揃っているユニフォームも出てきていますが、よく考えてみると体の大きさで服は着るものなので、小さな大人や大きな子供がそれぞれ子供サイズや大人サイズを着るのも当たり前と言えば当たり前のことですね!

 サイズについてもう少し触れておくと、最近の若者の体形は大きくなっているようで、特に女性の足のサイズは数年前から一挙に大きくなっている気がします。
 以前ですと女性用シューズの中心サイズは23.0cmと言われていましたが、ここ1~2年の専門学校生への女性用シューズの販売実績を見てみると、23.5cm~24.0cmへと中心サイズが移っているようで、中には25.0cmはもちろんのこと25.5cmとか26.0cmの女性の方もいてビックリします。
 男性も同じような傾向にありますが、男性の場合は足のサイズよりも足の長さが特に長くなってきているようで、通常は男性用スラックスの股下は『90cmフリー(ハーフ)』といって裾上げをしていない状態で90cmの股下があり、そこから縫い代をつけて裾上げをするのですが、その90cmの丈があっても足りないというケースが時々あるのには驚かされます。

 人類が誕生してから人間の体形は進化し続けていますが、今の若い人の成長振りを見ていると、近い将来『小6サイズ』を境にして『子供サイズ』『大人サイズ』が逆転する日も近いんでしょうか?

 でも、くれぐれも気をつけてもらいたいのは、おなかの出たお父さんが「小6サイズの子供服」を着ると・・・・・・
『長州小力』になりますから~!
残ね~ん!

・・・・・・w(☆o▽)w
[PR]
by my-uni | 2006-05-01 20:34 | ひとり言