ユニフォーム屋が見聞きした世の中の出来事やユニフォーム屋が語るよもやま話やユニフォーム屋だからやっぱりユニフォームに関する話題を気ままに語っています。
by my-uni
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
株式会社マツヤマ 関連サイト

㈱マツヤマ オフィシャルサイトへ


SENTSUKI
ショッピングサイトへ


㈱マツヤマ●ユニフォーム
名古屋市中区栄5-5-3
<お問い合せ>
フォロー中のブログ
<   2006年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
伝統ポータビリティ
 今日から携帯電話の番号ポータビリティが始まりました。

 それぞれの携帯電話会社は、新規にユーザーを取り込もうと、また、ユーザーの流失を食い止めようと、様々なサービスを始めたり、一気に多くの新機種を投入したりと競争が過熱化しています。

 携帯電話の番号を継続していくということは、今までに培ってきた人とのつながりを継承していくことでもあると思うので、ユーザーにとっては今までのネットワークはそのままに携帯電話会社ごとによるサービスや通信機器の選択肢が広がり、使い方の幅やネットワークも広がるのでよい制度ではないかと思います。

 「継続していく制度」に関連して、人とのつながりや地位や身分や伝統なども継承していく制度『世襲』があります。

 『世襲』は古くはローマ帝国の皇位の継承にも見られるもので、日本でも伝統芸能など特殊な技能が求められる世界では一般的に行われているものです。
 親と同じ職業や地位につくことは、親から引き継がれた人脈やさまざまな知識などの無形の財産を引き継ぐことになるので、一からその職業や地位につく人と比べると何かと有利です。

 「引き継ぐ」という意味からすると、「家庭の味」というのも引き継がれるものです。
 「おふくろの味」という表現をした方がいいかもしれませんが、家庭料理はその家々の文化であり、伝統であるというと言いすぎでしょうか?


 先日、ある料理人の方にお話しを聞いたところ、『料理は元々はどんな料理でも「家庭料理」から始まったんだよ!日本料理もフランス料理も元々は家庭の味なんだ!』と言っていました。

 その家の味を代々伝えていくということは、味の世襲をしていくということで、時代によっては新しい素材が加わり味覚や食感が変化していったとしても、その基本の考え方は継承されていき、そこに新しい技や調理法方が加わってその家の伝統として後世に伝えていくということなんでしょうね。


 話は変わりますが、フランスのレストランでは本店以外に店を出すことはあまりしないと聞きました。
 特にミシュランの二ツ星や三ツ星のクラスになると、毎年厳格に審査されレストランガイドにその結果が載ります。

 本店の味を維持していくだけでも並大抵のことではなく、一人のシェフの能力はどうしても限られているので、本店以外の店に気を取られていると、ミシュランの厳粛な審査によって本店の星の評価も降格されてしまうことを危惧しているからだといいます。

 また、星つきのレストランのシェフ兼オーナーが引退した時に、その店をオーナーの子供が継ぐことはあまりないと言います。
 それは、個人主義的に物事を考えるお国柄のフランスにおいては当たり前のことで、個人の能力や実力が重視されるフランスだからこそ単なるける血族による継承ではなく、才覚のある人が店を継承するという考え方があるそうです。

 ですから、親は親、子供は子供の人生という考え方で、子供たちは店を継がず、他人に権利を譲渡する場合が多いのだそうです。


 「伝統の味を守る」のと『世襲』とは別物という考え方だと思うのですが、先祖代々の家の格式である「家柄」を重んじてきた日本人の感覚からするとなんだか寂しい気がします。

 ただ、伝統の味や技を引き継いでいくということは並大抵なことではないので、何が何でも『世襲』にこだわるということはしないというのが個人主義のお国柄のフランス的な考え方ということなんですね。

 日本も最近では家業を継ぐ人が少なくなっていると聞きますが、だんだんとフランスのように個人主義化してきているということなんでしょうか?

 あまり、フランスの話題ばかり言っていると、タカアンドトシに「欧米か!」と突っ込まれてしまいそうなのでこのへんで。
[PR]
by my-uni | 2006-10-24 21:32 | ひとり言
「ことわりをはかる」とは?
 TBS系列で10月15日の21時から始まりました日曜劇場『鉄板少女アカネ!!』を見ました。

 このドラマのテーマは『食育』で、『「食」と「家庭」のあり方や、「モッタイナイ」と「自分たちがおかれた自然環境」について考えてみるきっかけになればという思いで製作した。』『鉄板少女アカネ!!』のホームページの「はじめに」のところに書かれていました。

 「食」をテーマにしながら家族の絆や環境についても考えてみるという部分にとても興味を持ち、これからも見てみようかなと久しぶりに感じたドラマでした。

 第一話では、主人公・アカネが自信をもって作ったオリジナルの「アカネスペシャル」を嵐山蒼龍先生に食べてもらおうと出したが、嵐山先生は一口も食べずにその料理を否定し、「父の豚玉の味を超えてみろ!」という言葉でアカネが奮起するシーンがとても印象的でした。

 アカネは小さい頃から豚玉を作る父の背中を見て育ち、アカネ自身も「豚玉の歌」を歌いながら豚玉の作り方を覚えて行った。
 その時、父のような料理人になろうと思っていたかどうははわかりませんが、料理人としての資質を持ったアカネが自分の料理を作るようになった時に、「父の物まねじゃなく自分の個性を出した料理を作りたい」そうした思いになるのもわかる。

 これは、まったくの憶測ですが、自信作の「アカネスペシャル」を否定され、豚玉という料理を一から見直したときに、「料理」というものの原点に立ち返ることができたのではないかと思いました。

 料理研究家の「熊田むめ」さんの書いた「料理の本質と作り方」の一説にこんな言葉があります。
『料理とは理(ことわり)を料(はか)ることである。理とは心理を意味する。料るとは丁度よい加減にすることである。』
 「熊田むめ」さんは、あの「北大路魯山人」が妻に迎えた人だそうで、さすがに偉人の視点は違うなと感心すると同時に料理の本質を捉えた奥の深い言葉だとつくづく感じます。

 アカネも豚玉の原点に立ち返るうちに、父が大好きだった母の好物のリンゴを豚玉に入れていたことを発見し、「理(ことわり)を料(はか)る」ということに気付いたのではないかと思いました。
 そしてアカネが旅をしながら料理を学んでいくことを「理」(そうなるべき物事の道筋)として受け入れていくということを感じ取ったんではないかと、この『鉄板少女アカネ!!』を見ながら勝手に思いを膨らませてしまいました。
[PR]
by my-uni | 2006-10-17 18:47 | ひとり言
『本物の白衣』 根っ子の話!
 イタリアといえば職人技による手作りの「こだわり」に支えられたモノ作りをしているお国柄でですが、車で言えば「フェラーリ」、紳士服で言えば「クラシコイタリア」が有名処でしょうか。

 「クラシコイタリア」とはイタリアの上質素材を用いた伝統的な服装の呼称のことですが、ブリティッシュスタイルをベースにしながら素材や製法などに独自の美意識を加えたもので、英国風のスタイルの格調を保ちながら柔軟な色使いやコーディネートで装う楽しさに溢れている逸品です。

 また、「自分にあった服を選びそれを自然に着こなす、気負うことのないナチュラルな姿」と表現されることもあります。
(詳しくは『All Aboutのホームページ』を参考にしてください。)

 実は、オリジナルブランドの白衣である『SENTSUKI』の歴史も紳士服のモノ作りが原点にあります。

 昭和2年の創業当時、十分な物資のない時代に大切に着ていた紳士服を少しでも長く愛着を持ってきていただきたいとの願いから生地を裏返しにして縫製をしなおすなど、今で言う紳士服のリフォームのような仕事から始まりました。
 昭和25年には紳士服のモノ作りのノウハウを白衣の製造に生かし、立体裁断を随所に取り入れた着易さ動き易さにこだわった『本物の白衣』を目指していく『SENTSUKI』ブランドが誕生しました。

 『SENTSUKI』はプロの料理人の方が着用する、いわゆる「業務用の白衣」ですので、着易さ動き易さと合わせて耐久性にもこだわって作られています。
 毎日の洗濯にも耐えられる生地を使用するのはもちろんのこと、細部にいたっては、破れにくいように補強布を当てたり、プレスに十分耐えられる釦を採用したり、また、白衣に火が引火したときにも直ぐに脱げるように工夫をするなど長く使え、愛着を持って着ていただけるモノ作りをしてきました。

 意気込みとしては「上質」や「伝統」を重んじる「クラシコイタリア」のコンセプトに合い通じるところがあると思っています。
(クラシコイタリアのみなさん大変手前味噌で恐縮です。)

 ただ、細部へのこだわりや着易さ動き易さというものは言葉で説明してもなかなか分かりにくいところがあります。
 そこで、「百聞は一見にしかず」と言いますので、実際に手にとってその風合いや着用感を体感していただけるよう期間限定で試着見本をご用意しました。

 平成18年10月25日から平成18年10月27日に「名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール)」で開催されます『第32回 外食産業フェア』 の「MATSUYAMA」ブースで『SENTSUKI』白衣の試着見本をご用意していますので是非この機会に『本物の白衣』を体感してみてください。
★⌒(@^▽^@)v ヨロシクデス!!
[PR]
by my-uni | 2006-10-10 19:34 | ユニフォームのこと
『本物の白衣』とは・・・・・
 先日、知り合いの人に「本物の白衣とは何のことだと思う?」と聴いてみました。

 そうするとこんな答えが返ってきました。

 『本物の白衣』とはコスプレ用のナース服でなく、本当の看護士さんが着る看護衣のことを言うの?」

 何となく答えを想像していたが、やはり直接聞くとちょっとショックを受けました。

 「白衣」というと病院の看護士さんのユニフォームを想像する方が多いようで、知人も「白衣というと病院用の白衣をイメージした」と言っていましたが、私の中で「白衣」というとレストランや飲食店の厨房で着られる「食品用の白衣」となり、それをイメージして話していましたのでその認識の違いにも意外性を感じてしまいました。

 実は、社内的には昨年の4月頃から厨房やホールでも着られる「シェフコート」のことを『本物の白衣』と言い続けていますが、ユニフォームを取り扱っているプロのスタッフでさえ『本物の白衣』といわれても最初はなかなか理解されませんでした。

「本物の白衣があるのなら偽物の白衣ってどんなの?」

「本物の白衣はどういうところが本物なの?」

「他のメーカーさんが出している白衣は本物じゃないの?」


 そんな質問も飛び交っていました。

 『本物』を国語辞書で引くと「偽りや見せかけのない本当のもの」とあります。

 また、和英辞書で『本物』を引くと real(真の) genuine(純正な) といった意味にもなります。

 そこで『本物』を私なりに解釈すると、『本物』の「本」には「本意」とか「本気」とか「本質」という言葉もありますので、それを自己の位置づけで考えて『自己をシッカリと主張して、他との対比をせずに自己の世界表現しているもの』ということがいえるのではないかと思います。

 また、「本」には「本格」とか「本職」とか「本場」という言葉もあり、それらは「プロフェッショナル」にも通じる言葉であると思います。

 プロフェッショナルな人たちが使うモノは、素人の人たちが使うモノと比べて、「精度」が求められたり「耐久性」が求められたり「質感」が求められたりするものです。

 ということは『本物』をモノとして捉えると、『プロフェッショナルな人たちが使うにふさわしい「本格的」なモノ』という意味になるのではないかと思います。

 そう言われてもなかなか『本物の白衣』のイメージがつかめない???

 そういう方のために『本物の白衣』を伝えていくメッセージをこんな風に考えてみました。

『本物の白衣は見えないところにもこだわっています』

『袖を通せばすぐわかる本物の白衣』

『本物の白衣は着心地で選ぶ』

『ヨーロッパの風を感じる洗練された上質な白衣』

『毎日洗濯するものだから耐久性にもこだわっています』

『プロフェッショナルな料理人のために開発された本物志向の白衣です』


どうですか?

『本物の白衣』着たくなってきましたか??? (^。-)-☆
[PR]
by my-uni | 2006-10-03 19:01 | 伝わりますか?