ユニフォーム屋が見聞きした世の中の出来事やユニフォーム屋が語るよもやま話やユニフォーム屋だからやっぱりユニフォームに関する話題を気ままに語っています。
by my-uni
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
株式会社マツヤマ 関連サイト

㈱マツヤマ オフィシャルサイトへ


SENTSUKI
ショッピングサイトへ


㈱マツヤマ●ユニフォーム
名古屋市中区栄5-5-3
<お問い合せ>
フォロー中のブログ
<   2011年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
東北地方太平洋沖地震で思うこと
国難といわれる未曾有の大惨事になってしまいました「東北地方太平洋沖地震」で多くの方がお亡くなりになりました。お亡くなりになられました方々に心からご冥福をお祈り申し上げますと共に、被災された多くの方々に心からお見舞い申し上げます。

2011年3月11日は忘れられない悲しい出来事が起こった日になってしまいました。
刻一刻と変わる被災状況の報道に心が痛む毎日が続き、自分にも何かできることはないかと自問自答した方も多くいらっしゃったことと思います。
私も、色々と考えた末に今できることとして、日本赤十字にわずかですが義援金の募金をしてきました。

この未曾有の大震災では日本のメディアが連日被災地の状況を報道し、外国メディアでも日本の大惨事を連日報道していましたが、その中で特に印象に残っていることに「日本人の強い精神力」を讃える報道がいくつものメディアでされていました。
避難所では、「お先にどうぞ」とおにぎりやお茶を譲り合う姿があり、給水場では何時間かかるかわからない長い列に我慢強く並ぶ姿が映し出され、苛立ったり怒ったりせず順番を待つ姿に感動したと、外国のメディアが伝え、被災者の忍耐強さと秩序立った様子に驚きと称賛の声が上がっていました。

日本人のDNAの中には「分かち合う」という精神があり、「皆大変な時なんだから我慢しよう」と「我」を抑える日本人の気質が、忍耐強さとモラルの高さを生むのでしょうか?

その表れの一つが電力供給不足に伴った「計画停電」で、限られた電力を分かち合い、節電に協力し合いながらこの大変な難局を乗り越えようとしています。
名古屋では「計画停電」対象地域ではなく、こちらで節電しても直接影響を与えることはないのですが、ある名古屋のデパートのトイレでは「東日本大震災の節電にご協力を!」としてウォシュレットの温水と便座のヒーターがOFFになっていましたが、こうした小さなことでも「分かち合う」精神に繋がっていくのでしょうか?

今回の大震災では各方面に様々な影響を与え、産業界でも物流や生産が思うように進まず商品の供給に問題が起きているところも少なくありません。
ユニフォーム業界でも被災された販売店さんやメーカーさんも多く、一部に商品の供給が滞ってしまっているケースも出てきています。
また、産業界のみならずスポーツ界でも予定していたスケジュールの変更が多く見受けられます。
JリーグJ1・J2の3月の試合が全て中止になり、プロ野球の開幕は4月12日に延期なり、世界フィギュアスケート選手権や名古屋国際女子マラソンなどの3月に予定されていた多くのスポーツの試合が中止となるなど大地震の影響がスポーツ界にも及んでいます。
そんな中、選抜高校野球は予定通り3月23日から開催することになったそうですが、そのスローガンは
「がんばろう!日本」
「被災者や救助、救援活動に携わる人たちを応援する大会」としています。

復興に向けた共通の目的を持ち、心を一つにして何かに取り組むと、思わぬ力が湧いてきて国難といわれるこの大変な難局を乗り越えられるのではないでしょうか!
『がんばろう日本!!』今こそチーム日本の底力を見せる時、心を一つにして自分たちのできることを一つ一つやっていく時なんだと実感している今日この頃です。
[PR]
by my-uni | 2011-03-19 15:25 | ひとり言