ユニフォーム屋が見聞きした世の中の出来事やユニフォーム屋が語るよもやま話やユニフォーム屋だからやっぱりユニフォームに関する話題を気ままに語っています。
by my-uni
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
株式会社マツヤマ 関連サイト

㈱マツヤマ オフィシャルサイトへ


SENTSUKI
ショッピングサイトへ


㈱マツヤマ●ユニフォーム
名古屋市中区栄5-5-3
<お問い合せ>
フォロー中のブログ
<   2012年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧
日本の夏、節電の夏!
いよいよ今年も『暑い夏』の時期がやってきました。
四季がある日本は、季節ごとに風情を感じるとも言われますが、うだるような暑い日はついつい「涼」を求めたくなるものです。

最近、大気が不安定となり竜巻が発生したり、局地的に集中豪雨が発生したりして各地で災害をもたらしていますが、これは異常気象が関係しているともいわれていて、その要因は地球温暖化にあるとされています。
気象庁では、「異常気象」とは、数十年間に1回程度の現象、あるいは人が一生の間にまれにしか経験しない現象を指し、30年に1回程度で起こる現象を異常気象と定義しています。
厳密にいうと、異常な気候であってもそれが毎年のように続くと「異常気象」とは言われないことになりますが、ここ最近起きている大きな気候の変動も日常化して「異常気象」とは言わなくなるのでしょうか?

難しいことはわかりませんが、地球温暖化の影響からか年々気温が上昇傾向にあり、特に都市部ではヒートアイランド現象の影響もあって気温が上昇しているのは確かのようです。

地球温暖化の影響を身近に感じるようになった今日この頃ですが、2010年までは地球温暖化防止の観点から二酸化炭素(CO2)削減の機運が高まり、節電を呼びかけていましたが、2011年3月11日の震災以降は、原発停止の影響もあり電力事情が逼迫して、計画停電の処置も取られたことから自分たちの生活を守る意識が強くなり「節電」の機運が一気に高まっていったように思います。

そうした流れを受けて2012年の夏も逼迫した電力事情が背景にある状況の中で、2年目を迎える夏の「節電」の対応もだいぶ板についてきたように思います。
ユニフォームに関して言えば、温度を高めに設定したオフィスの環境で少しでも涼しくお仕事ができるように、女性向けでは1枚できられる「オーバーブラウス」や「ブラウスジャケット」といったアイテムを導入する会社が増えているようです。
また、男性向けでは、「アロハシャツ」や「かりゆし」なども話題になりましたが、清涼感のある「ポロシャツ」の軽装スタイルが人気を集めているようです。

個人的にも愛用していますが、鹿の子素材のニットのシャツはONでもOFFでも着こなせて使い勝手のよいアイテムで、風通しが良く軽い着心地で、最近の商品では消臭加工の糸を脇や肩の部分に配して汗の嫌な臭いを防ぐ消臭機能が付いているものもあり見た目だけでなくエチケットにも気を配っています。
ニットの素材と織物の素材を比べた場合に、何といっても通常の織物のシャツでは、洗うとシワになりアイロン掛けが大変ですが、ニットのシャツはシワになりにくく、ポロシャツやTシャツのようにほとんどアイロンをかけなくてもOKなのでお手入れがとても楽で助かります。
e0053563_20173039.jpg

また、ニット素材のシャツの特徴として体にフィットしたシルエットが得られるというところも魅力の一つで、織物のシャツですと素材が伸縮しない分ゆとりを持たせたデザインにする必要があり、胴回りやアームホールや袖がもたついてブカブカするデザインのものもありましたが、ニット素材の特徴を生かした商品ですと体に程よくフィットしたキレイなシルエットでしかも動きやすく「着ていて楽な」アイテムで、通常のポロシャツやTシャツのようにカジュアルすぎないフォーマルなシーンでも着用できるところも魅力の一つかもしれませんね?

メンズのシャツだけではく、レディスのアイテムでも「着ていて楽な」商品は話題になっていて、昨年話題になったニット素材のオーバーブラウスに加えて、今年は「オフィスポロ」といわれるオフィスで着用することを想定した、崩しすぎないチャンとした装いの女性らしいフェミニンな商品にも人気が集まっているようです。
e0053563_20182254.jpg

また、小倉優子(ゆうこりん)が表紙を飾るオフィスウエアのカタログで着用しているオーバーブラウスも涼しく着られるフェミニンな装いで、「ゆうこりん」の相乗効果もあって人気があり、弊社のホームページでもアクセス数が常に上位をキープしていてこの夏の注目の商品です。(商品の案内はこちら
e0053563_20191730.jpg

仕事とプライベートのONとOFFを使い分けるユニフォームの夏のクールビズスタイルとして、「着ていて楽な」クールビス対応の商品に身を包んで、「気配りのある優しい気持ち」を表現したり、「爽やかな明るい笑顔で周りを元気にする」といった装いをして、夏の暑い時期だからこそ意識して取り組みたい「なりたい自分」を形にしたオフィススタイルで、今年の「節電の夏」を乗り切ってみてはいかがでしょうか?
[PR]
by my-uni | 2012-05-16 20:21 | ユニフォームのこと