ユニフォーム屋が見聞きした世の中の出来事やユニフォーム屋が語るよもやま話やユニフォーム屋だからやっぱりユニフォームに関する話題を気ままに語っています。
by my-uni
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
株式会社マツヤマ 関連サイト

㈱マツヤマ オフィシャルサイトへ


SENTSUKI
ショッピングサイトへ


㈱マツヤマ●ユニフォーム
名古屋市中区栄5-5-3
<お問い合せ>
フォロー中のブログ
<   2012年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧
仕事への想いを形にすると・・・
人生の中で働いている時間は、遊んでいる時間よりも勉強をしている時間よりも食事をしている時間よりも多くの時間を費やしていると思います。
その人生の大半を過ごす働いている時間が楽しければ人生はハッピーですが、嫌なことばかりであれば苦痛な人生を過ごすことになります。
もちろん人生良いことばかりとはいきませんが、いろいろなドラマがある人生をどうとらえるかで、その人の幸福度も変わってくるかもしれませんね?

そんな働く人へのメッセージとして心に残った一冊の本がありますので紹介します。
それは、いろは出版さんから出されている『働く人の夢』です。
e0053563_9373760.jpg

この本の中にこんなメッセージがあります。

「人生は何のためにあるんだろう?」

答えはもちろん
十人十色、百人百色だと思うんだけど
僕の中での答えを3つ言うと

人生は楽しむためにある
人生は幸せ(いきがい)を感じるためにある
人生は自分が成長するためにある

です。じゃ、次に

「何のために働くんだろう?」

これも僕の中での答えを3つ言うと

働くことは楽しむためにある
働くことは幸せ(いきがい)を感じるためにある
働くことは自分が成長するためにある
つまり、僕が伝えたいことは
人生の意味、働く意味は、
本当に千人千色だと思うんだけど
「人生と働くこと」に望むことは同じってこと

人が生きると書いて「人生」
人が動くと書いて「働く」
働くことは生きることなんだ
生きることは働くことなんだ


思わず「う~ん」とうなりたくなる深い話ですね?

そして著書の中では33人の方の働くことになったきっかけや仕事の夢が語られていますが、その中でも特に心に残った言葉があります。
それは、看護師さんの「天職ってやつかな」というタイトルで書かれたこんな言葉です。

間違っても綺麗な仕事とはいえないし、とても怖い仕事だともいえる。一つのミスが患者様の命に関わる事だってありうる。人の死だって身近に経験する。人が亡くなるのは何度経験しても悲しい。やるせなさを感じる時も多々ある。でも、辞めたいなんて思わない。入院されている患者様の苦しさや不安が少しでも減るようなケアができたらいいな。患者様を私たちに任せてくれるご家族が少しでも安心できて、嬉しい気分になってくれたらいいな。ただそれだけ。喜ぶ顔が見れたら、「ありがとう」なんて言われたら、やっぱり嬉しい。・・・・・

いろいろと辛いことはあるけれども、でも辞めたいなんて思わない・・・だって『天職だから』。
こんな言葉が聞こえてきそうなメッセージで、思わず涙腺が緩んでしまいそうな心に響く言葉だと思いませんか?

そんな看護師さんが、日々お仕事をする上で何を大切にしてどんな気持ちで患者さんに接しているのだろうと勝手に想像を膨らませていくとこんな言葉が浮かんできました。

『気配りのある思いやりの心で寄り添うように接するホスピタリティスタイル』

そんなお仕事のスタイルに合う、患者さんへの「思いやりの心」を形にした天使のようなこんなユニフォームはいかがでしょうか?
e0053563_9392474.jpg

[PR]
by my-uni | 2012-07-14 09:46 | チョットいい話