ユニフォーム屋が見聞きした世の中の出来事やユニフォーム屋が語るよもやま話やユニフォーム屋だからやっぱりユニフォームに関する話題を気ままに語っています。
by my-uni
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
株式会社マツヤマ 関連サイト

㈱マツヤマ オフィシャルサイトへ


SENTSUKI
ショッピングサイトへ


㈱マツヤマ●ユニフォーム
名古屋市中区栄5-5-3
<お問い合せ>
フォロー中のブログ
<   2014年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧
シャレオツな装いとは?
SMAPの『シャレオツ』の歌詞の中に、
「やっぱり最高じゃないオサレ」
というくだりがあります。

「オサレ」は、自分ではオシャレをしているつもりだが、他人から見れば(ダサイわけではなく)オシャレじゃないと思っているような格好のことを言うそうで、普段オシャレに気を使わない人がオシャレをした時に、照れ隠しやセンスに対する自信のなさをいうときに使うのだそうです。

シャレオツ』はオシャレを業界用語的に表現した言葉だそうですが、オシャレは漢字で「御洒落」と書き「洒落」の語源は「晒れ(され)」・「戯(さる)」が転じた言葉で、「晒れ(され)」は生地の晒しにもあるように風雨や日光にさらされて白っぽくなること、「戯(さる)」はたわむれるということで、「洗練される」といった意味になるそうです。

オシャレを楽しむファッションをするとういことは、周りからどう見られたいかを理解し、その人の人となりを伝えることをいうそうで、ファッションは「自分を伝えることば」ともいわれています。

オシャレなファッションに身を包むと、ワクワクする楽しい気分になるものですが、「なぜそのファッションなのか?」を自信を持って説明できないで着ていると、単に周りに(流行に)流されてしまっているだけで、その人の言動と容姿がミスマッチを起こして、人となりを伝えることができなくなるということでしょうか?

アメリカの小説家のゴア・ヴィダル氏の言葉に
「スタイルとはあなたが誰なのか、何を言いたいのか、そして心意気を示すこと」
というものがあります。

ということは、他人からはオシャレだと思われていないオサレな人が、「自分を伝えることば」としてのファッションに身を包んで「なぜそのファッションなのか?」を自信をもって説明できると、その人の人となりとファッションとが融合して、気持ちが伝わるお似合いの洗練されたシャレオツなスタイルになるということでしょうか???

医療の現場でも最近では「他からどう見られるか」を意識したスタイルが注目を集めていますが、単に見た目のデザインだけを捉えて流行っているからということで選ぶのではなくて、「自分を伝えることば」として、その病院や介護・福祉施設らしい自分たちの想いを込めたシャレオツな装いとして自信を持って着こなすと、患者さんに接する時に患者さんの心に寄り添う心温まる立ち居振る舞いにつながるかもしれませんね?
e0053563_10165656.jpg

[PR]
by my-uni | 2014-01-31 10:18 | ひとり言