ユニフォーム屋が見聞きした世の中の出来事やユニフォーム屋が語るよもやま話やユニフォーム屋だからやっぱりユニフォームに関する話題を気ままに語っています。
by my-uni
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
株式会社マツヤマ 関連サイト

㈱マツヤマ オフィシャルサイトへ


SENTSUKI
ショッピングサイトへ


㈱マツヤマ●ユニフォーム
名古屋市中区栄5-5-3
<お問い合せ>
フォロー中のブログ
<   2014年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧
合言葉ならぬ合服(愛福)の話し
「合言葉」と聞いてどんな言葉を連想しますか?

私は、「開けゴマ」とか「注意一秒怪我一生」とか「痛いの痛いの飛んでいけ」なんていうのも浮かんできます。

合言葉は何かのアクションを促す言葉だと思います。
「開けゴマ」で扉が開く
「注意一秒怪我一生」で注意を喚起する
「痛いの痛いの飛んでいけ」で痛みが緩和される


そんな合言葉は魔法の言葉のように何でも叶うものではないかもしれませんが、意思疎通を図る合図だったり、目指すべき目標を共有するものだったり、相手に想いを伝えるのに有効な手段なのかもしれません。

ところで、合言葉は言葉に合図や目標や想いを込めていきますが、いつも身につけている服にも合図や目標や想いを込めることはできないでしょうか?

例えば、「これを身につけると元気がでる」
「この服を身につけると笑顔になり、お客様をおもてなしする心のスイッチが入る」
「今日から新しい服を着て心機一転頑張る」

そんな合図や目標や想いを込めた「服」があると愛に包まれ福が訪れる「合服(愛福)」になったりしないでしょうか?

本来「合服」は、寒暑の間に着る服の意味になりますが、「合言葉」と同じ意味合いを持つ「合服(愛福)」というものあってもいいかもしれませんが、どうでしょうか?
e0053563_12555841.png

[PR]
by my-uni | 2014-12-06 12:58 | ひとり言