ユニフォーム屋が見聞きした世の中の出来事やユニフォーム屋が語るよもやま話やユニフォーム屋だからやっぱりユニフォームに関する話題を気ままに語っています。
by my-uni
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
株式会社マツヤマ 関連サイト

㈱マツヤマ オフィシャルサイトへ


SENTSUKI
ショッピングサイトへ


㈱マツヤマ●ユニフォーム
名古屋市中区栄5-5-3
<お問い合せ>
フォロー中のブログ
<   2015年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧
商売繁盛の願いを込めたSENTSUKI(千月)
弊社で自社製造している白衣のブランド名をSENTSUKI(千月)と言います。

SENTSUKI(千月)の名前の由来は、弊社創業者の「松山千三」の“千”の字と、商運を祈る三日月の“月”とをあわせた造語で、お客様のご商売が繁盛するようにとの願いが込められています。

月の力(ムーンパワー)は古くから占いやおまじないなどにも使われていますが、2015年9月28日にスーパームーンが話題になっていました。
地球から見て月と太陽が重なって、太陽が月の影に隠れている状態(地球-月-太陽)を「新月」と言い、反対に地球を挟んで月が太陽の反対側にある状態(月-地球-太陽)を「満月」と言いますが、スーパームーンはその「新月」と「満月」のどちらかで月が地球に最接近した時をいうのだそうです。
一般的に「新月」のころは、直感力が活発になるといわれていて、直感を生かすならこの時期がよいといわれています。
 また、「新月」を境に明るくなっていく始まりの時期ということから、昔から新しいことを始めるのなら新月期ともいわれて、新月の日に願い事をしたり、目標を立てたり、新しいことをスタートさせると良いといわれています。

それに対して、「満月」のころは、感情が活性化するといわれていて、外国ではルナティック(狂気)と表現されるほど、感情面に強く働きかけるそうで、行動力も高まり、商談、イベントごと、お祭り、勝負事といった行事にはもっと も力を発揮するのだそうです。
月の力は実際に潮の満ち引きに影響を与えていて、地球の片側の月に近い方の海は、月の引力によって引き寄せられ、海水が盛り上がり満ち潮になります。一方、反対側にある月から遠い方にある海は引力の影響が小さいため、月から離れる方向に取り残されて、やはり海水が盛り上がり満ち潮になると言われています。

日本は四方を海で囲まれていることから、潮の満ち引きに影響を与える月に関心を示すには自然の流れで、古くから潮の満ち引きや潮の流れを上手に利用して生活をしてきたといわれていて、旧暦を使っていた時代には、月の満ち欠けによってその月日を知ったともいわれています。

「月」は古くから日本人の生活に根付いていたわけですが、その「月」の中でも「三日月」は特別な存在であったようです。
「三日月」は新月から数えて3日目の月のことで、古くから「輝きを取り戻した真新しい月」として尊ばれて、三日月は最初に見える月とされていたことから「初月」とも言われているそうです。

日本各地に「三日月」にまつわるいくつもの「ことわざ」が残されていますが、例えば・・・
「三日月立つとき米の価上がる」
「三日月を三月続けて拝めば福授かる」
「三日月立つ月は天気よく横たわる月は雨がち」


また、こんな言い伝えもあります。
「三日月を眺めながらポケットの中の銀貨をひっくり返すと幸運を呼ぶ」
「自分の右肩越しに、振り返るようにして三日月を見ると幸運に恵まれる」

e0053563_11134671.jpg

そんな幸運を呼ぶ「三日月」に商売繁盛の思いを込めて作られたSENTSUKI(千月)の白衣を着てお仕事をすると、きっと幸運が訪れると思いますよ^_−☆
[PR]
by my-uni | 2015-10-03 11:17 | ひとり言