ユニフォーム屋が見聞きした世の中の出来事やユニフォーム屋が語るよもやま話やユニフォーム屋だからやっぱりユニフォームに関する話題を気ままに語っています。
by my-uni
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
株式会社マツヤマ 関連サイト

㈱マツヤマ オフィシャルサイトへ


SENTSUKI
ショッピングサイトへ


㈱マツヤマ●ユニフォーム
名古屋市中区栄5-5-3
<お問い合せ>
フォロー中のブログ
<   2017年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧
思い出の一着
少し前にTwitterで話題になっていた思わず共感してしまうこんな話があります。

娘さんからの投稿で、父親が何年も同じシャツを着続けているので気になっていて、穴が空いても自分で縫って直して着続けていたそうです。
そこには父なりのこだわりと思いが秘められていたそうで、実はそのシャツはお父さんが新婚旅行で着ていた、お母さんと色違いのシャツだったそうです。
お母さんは18年前にお亡くなりになり、その後もお父さんは再婚せず、時に補修をしながら年に数回は必ずこのシャツを着ているのだそうです。
このツイートには30万件を超える「いいね」があり、一部の海外メディアでも取り上げられ話題になり、「心にしみる」「奥さんを愛していたのですね」「涙が出そう」と感動のコメントが寄せられ、国内外から「妻思いの素敵なご主人」と称賛されたそうです。
e0053563_18482556.jpg
思い出の一着というものは誰にでもあるのではないかと思います。
私にも思い出の一着があります。
それは父の日に父親にプレゼントしたポロシャツで、ゴルフ好きの父に着てもらおうとプレゼントしたものですが、プレゼントした当時、父は体調を崩していて好きなゴルフができない状態でしたが嬉しそうに受け取ってもらったことを覚えています。
それから数年後に父は亡くなってしまいそのポロシャツを着る機会はありませんでしたが、遺品整理していた時にプレゼントしたポロシャツがキレイにしまってあるのを見つけて心がジーンときたのを覚えています。

Twitterで話題になっていた話ではお揃いのシャツを着ていたということですので、その想いはさらに深くシャツというものを通じて心と心がつながっている証ではないかと思います。

お揃いの装いをするのは夫婦や恋人同士のペアルックだけではなく、お仕事やチームで着用するユニフォームもお揃いの装いになります。
お仕事や競技や何かの集まりで苦楽を共にし、同じ目標に向かって活動した時間を共有すると、その時の光景と共に共通して身に付けたり所有していたモノに思い出がシンクロして思い出の品になっていくのではないかと思います。

思い出は同じ時間を共有した楽しかった時もそうですが、一生懸命に頑張った時、大変な苦労をした時のことを思い出して当時を懐かしく思うこともあるかと思います。

お仕事や仲間のことを考えて、想いを形にしたユニフォームに袖を通すと、心を一つにお仕事できると思いますよ(*'▽'*)
[PR]
by my-uni | 2017-10-19 18:49 | チョットいい話