ユニフォーム屋が見聞きした世の中の出来事やユニフォーム屋が語るよもやま話やユニフォーム屋だからやっぱりユニフォームに関する話題を気ままに語っています。
by my-uni
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
株式会社マツヤマ 関連サイト

㈱マツヤマ オフィシャルサイトへ


SENTSUKI
ショッピングサイトへ


㈱マツヤマ●ユニフォーム
名古屋市中区栄5-5-3
<お問い合せ>
フォロー中のブログ
<   2018年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧
チーム医療的コ・ユニフォーム
医療施設では、患者さんと接して診療する「メディカル」と、診療行為をサポートしてチームとして医療を行う「コメディカル」に分かれているそうです。
「コメディカル」の「コ」は共同を意味する呼称で、一般には理学療法士・薬剤師・放射線技師・臨床検査技師がコメディカルスタッフになるのだそうで、地域医療支援病院には救急救命士や管理栄養士もコメディカルスタッフとして仕事をしているそうです。
他にも患者さんや家族の生活上の相談に乗るケースワーカーやレセプト処理や会計業務を行う医療事務も病院の仕事を支えています。

そんな多岐に渡る専門分野のスタッフが一つのチームとなって医療を行う「チーム医療」が注目されています。

「チーム医療」とは、メディカルスタッフとコメディカルスタッフが連携して治療方針を決め、治療や看護やリハビリや在宅療養を提供することで患者中心の医療を実現する概念のことを言うそうです。

「医療もサービス業」と言われる時代になっていますが、サービス業として「見られる」という意識が必要になってきます。
サービス業として大切なのはコミュニケーションですが、コミュニケーションにはスタッフ同士だけでなく患者さんや家族の方とのコミュニケーションも大切な要素になります。

患者さんは痛みを感じていたり、治療やこれからのことに不安を感じながら来院しています。
頭の中が真っ白になったり、いっぱいいっぱいになっていたりして、感情に支配されて物事が正しく捉えられない状態を「アップセット」というそうですが、アップセットしていると話を聞けていなかったり、判断ができなかったりすると言われています。

患者さんが何でも安心して本音で話してくれる信頼関係を作ると「この人は私の話を聞いてくれる人」と思ってもらえ信頼して話してもらえると、患者さんが何を考えてどうしたいのか、何を悩んでいるのかを知ることができ、アップセットの原因を取り除くことができるようになるのだそうです。

患者さんに安心感を与えるためには、チームとして患者さんや家族の方に優しい気持ちで接したり、信頼して身を任せてもらえる頼りになる心強い存在として見てもらえると、信頼関係ができやすくなるのではないかと思います。

そんな想いを共有するチームとしての繋がっている証として、チームのメンバーが共通して身につける何かがあると繋がりを実感できることがあります。
e0053563_09573480.png
大ヒットしたアニメ映画「君の名は。」で注目を集めた組紐が人気の商品になっていますが、「君の名は。」では主人公たちがブレスレットや髪飾りとして組紐を身につけており、物語の鍵を握る重要なアイテムになっていました。
何かと何かを繋げる「むすび」の力のある組紐は糸を紡いて作られていますが、繊維製品であるユニフォームも糸を紡いて作られています。
そのユニフォームで「君の名は。」の瀧と三葉の関係のようになるとは言いませんが、共通した装いをすると「むすび」の力で想いを共有することができるのではないかと思います。

共同を意味する「コ」をメディカルに付けた「コメディカル」のように、ユニフォームに「コ」を付けて「コ・ユニフォーム」にすると、心を一つに共同作業する装いとなりチームの「むすぶ」力を最大限に発揮できるようになるのではないでしょうか?

「チーム医療」で心を一つにする「コ・ユニフォーム」のコーディネートはこちらを参考にしてみてください♪
[PR]
by my-uni | 2018-01-13 10:00 | ひとり言