ユニフォーム屋が見聞きした世の中の出来事やユニフォーム屋が語るよもやま話やユニフォーム屋だからやっぱりユニフォームに関する話題を気ままに語っています。
by my-uni
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
株式会社マツヤマ 関連サイト

㈱マツヤマ オフィシャルサイトへ


SENTSUKI
ショッピングサイトへ


㈱マツヤマ●ユニフォーム
名古屋市中区栄5-5-3
<お問い合せ>
フォロー中のブログ
チーム医療的コ・ユニフォーム
医療施設では、患者さんと接して診療する「メディカル」と、診療行為をサポートしてチームとして医療を行う「コメディカル」に分かれているそうです。
「コメディカル」の「コ」は共同を意味する呼称で、一般には理学療法士・薬剤師・放射線技師・臨床検査技師がコメディカルスタッフになるのだそうで、地域医療支援病院には救急救命士や管理栄養士もコメディカルスタッフとして仕事をしているそうです。
他にも患者さんや家族の生活上の相談に乗るケースワーカーやレセプト処理や会計業務を行う医療事務も病院の仕事を支えています。

そんな多岐に渡る専門分野のスタッフが一つのチームとなって医療を行う「チーム医療」が注目されています。

「チーム医療」とは、メディカルスタッフとコメディカルスタッフが連携して治療方針を決め、治療や看護やリハビリや在宅療養を提供することで患者中心の医療を実現する概念のことを言うそうです。

「医療もサービス業」と言われる時代になっていますが、サービス業として「見られる」という意識が必要になってきます。
サービス業として大切なのはコミュニケーションですが、コミュニケーションにはスタッフ同士だけでなく患者さんや家族の方とのコミュニケーションも大切な要素になります。

患者さんは痛みを感じていたり、治療やこれからのことに不安を感じながら来院しています。
頭の中が真っ白になったり、いっぱいいっぱいになっていたりして、感情に支配されて物事が正しく捉えられない状態を「アップセット」というそうですが、アップセットしていると話を聞けていなかったり、判断ができなかったりすると言われています。

患者さんが何でも安心して本音で話してくれる信頼関係を作ると「この人は私の話を聞いてくれる人」と思ってもらえ信頼して話してもらえると、患者さんが何を考えてどうしたいのか、何を悩んでいるのかを知ることができ、アップセットの原因を取り除くことができるようになるのだそうです。

患者さんに安心感を与えるためには、チームとして患者さんや家族の方に優しい気持ちで接したり、信頼して身を任せてもらえる頼りになる心強い存在として見てもらえると、信頼関係ができやすくなるのではないかと思います。

そんな想いを共有するチームとしての繋がっている証として、チームのメンバーが共通して身につける何かがあると繋がりを実感できることがあります。
e0053563_09573480.png
大ヒットしたアニメ映画「君の名は。」で注目を集めた組紐が人気の商品になっていますが、「君の名は。」では主人公たちがブレスレットや髪飾りとして組紐を身につけており、物語の鍵を握る重要なアイテムになっていました。
何かと何かを繋げる「むすび」の力のある組紐は糸を紡いて作られていますが、繊維製品であるユニフォームも糸を紡いて作られています。
そのユニフォームで「君の名は。」の瀧と三葉の関係のようになるとは言いませんが、共通した装いをすると「むすび」の力で想いを共有することができるのではないかと思います。

共同を意味する「コ」をメディカルに付けた「コメディカル」のように、ユニフォームに「コ」を付けて「コ・ユニフォーム」にすると、心を一つに共同作業する装いとなりチームの「むすぶ」力を最大限に発揮できるようになるのではないでしょうか?

「チーム医療」で心を一つにする「コ・ユニフォーム」のコーディネートはこちらを参考にしてみてください♪
[PR]
# by my-uni | 2018-01-13 10:00 | ひとり言
カフェの流儀
喫茶文化が根付いている名古屋では珈琲一杯に色々な食べ物が付いてくるモーニングがあり、その嬉しいサービスが話題となってメディアでも度々取り上げられています。
昔ながらの喫茶店ではアットホームな雰囲気で長い時間くつろいでもらえるようにしていますが、その喫茶文化は最近ではカフェ文化とも言われるようになり多様なスタイルのカフェが次々と誕生するようになりました。

リラックス効果があるとされるコーヒーですが、美容と健康ブームの中で、コーヒーの効果や効能が改めて見直されてきています。
カフェインを多く含むコーヒーはカフェインの効果で眠気を覚ます効果があることは古くから知られていましたが、脂肪の分解を促進する効果もあるそうです。
また、以前は「コーヒーは発癌性がある」と言われていましたが、最近の研究では医学的にも「癌に効果がある」と言われています。

コーヒーブームが続く一方で、2013年にニューヨークでスターバックスのお茶専門店「Teavana Fine Teas + Tea Bar (ティーバナ・ファイン・ティーズ+ティー・バー)」がオープンして話題になりましたが、そのティーブームがまだまだ続いているようです。

日本でも2017年10月31日に日本初上陸したミレニアルピンクで彩られた店内が可愛くて楽しいLA発のティールーム 「ALFRED TEA ROOM(アルフレッドティールーム)」が話題になっています。

温かい紅茶を口にするとホッとすることから紅茶は「気分の飲み物」とも言われているそうですが、ティーと言えば個人的にはルイボスティーがマイブームになっています。
ルイボスティーは南アフリカに自生しているマメ科の植物で、デトックス効果や抗酸化作用やアンチエイジングで美肌効果があるなどさまざまな効果や効能があると言われています。
また、ミネラルを多く含んでいることやカフェインを含んでいないので妊娠中や産後の方にも良いと言われています。(決して私が産む気満々と言うことではありません(笑))

それぞれのカフェの特性を活かして、オシャレに、可愛く、モダンに、スマートにと世界観を楽しむのが今のカフェの流儀になっていて、その世界観を表現するお店のしつらえが話題になることもしばしばあり、インスタ映えするスポットとして人気に火がつくことも多いようです。
e0053563_10430308.jpg
そんなインスタ映えするお店やメニューに負けない、オシャレに、可愛く、モダンに、スマートにといった世界観を表現する装いとしてユニフォームを活用してみるのも話題作りに一役かうかもしれませんよ♪♪
世界観を表現する心ときめくステキなカフェスタイルのご案内はこちら
[PR]
# by my-uni | 2017-12-09 10:43 | ひとり言
インスタ映えするユニフォームって・・・
SNSで話題になるには「インスタ映えする写真」をアップすると良いと言われますが、それはミスマッチな組合せだったり、やたらに大きなサイズだったりと常識からちょっとズレている画像が多いようです。

お店のイメージアップ効果に役立つユニフォームもその場の雰囲気に溶け込んでいるとイメージ通りの好印象を与えることになりますが、あえてミスマッチな装いをすると意外と話題になって注目されるかもしれません♪♪

例えば、お客様へフランクに接するアットホームな居酒屋さんがあったとします。
そこでは本来なら作務衣に前掛けの和テイストなスタイルが雰囲気にもあっていいと思うのですが、あえて和の中に洋の要素を取り入れてアメリカンスタイルのLeeのベスト&パンツ&エプロンをコーディネートして、レトロな古き良き時代に浸ってみるとか、女性らしいおもてなしを強調するように花柄のフェミニンな装いにして大正ロマンを匂わせる異国の雰囲気を出してみるとかもありだと思います。
e0053563_17435193.jpg
また、カフェではシンプルなエプロンスタイルが一般的ではありますが、そこでエステで使われるフェミニンなエプロンで女子力をアップしたり、アミューズメントで使われる何ちゃって制服風のJKスタイルにすると意外とミスマッチに映ってインスタ映えするかもしれません。(着る人にもよりますが(笑´w`))
e0053563_17442913.jpg
ポイントとしては不快感を与えない程度にミスマッチな装いをして、「え〜っ」と二度見されるくらいに心地よい違和感を感じてもらうといいのではないかと思います。

ユニフォームの業界に長く浸かっていると「これは〇〇向け」というように業種や職種ごとにカテゴリーを作ってしまい、枠に当てはめてしまいがちになりますが、こちらが想定していない意外な使い方をお客様からリクエストされた時には「それもありか〜」と結構勉強になったりします。

「今までがこうだったから」
「これが業界の常識だから」
「過去に事例がないから」
と言った理由で新たな取り組みを拒んでしまうと、成功の芽を摘んでしまうことになってしまうかもしれません。
意外性が話題になりSNSで拡散して行く時代にはそうした固定概念を取り払わないといけないと痛切に感じますが、意外性の装いで話題を作るというのも、それも一つの「ユニフォームの力」かもしれませんね)^o^(
[PR]
# by my-uni | 2017-11-10 17:46 | ユニフォームのこと